綾小路龍之介の素人思考

Windows 2000の裏技

エクスプローラの高速化
レジストリのHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorerというキーを開き、Regsz型(=レジエスゼット型)のマックスキャッシュドアイコンズという値を作りその値を1024か2048にする。デフォルトは512、やりすぎるとメモリを大量消費し、遅くなる。これは簡単に言うと、エクスプローラの使用するキャッシュを増やすことによってエクスプローラの表示速度を上げる。
Windowsのバージョンを騙す。
WindowsのCD-ROM内のSUPORT\TOOLS\SETUP.EXEを起動しインストールし、スタート-アプリケーションコンパーティビリティを起動する。これを使うとバージョンチェックするようなソフトをインストールできてしまう。
壊れたファイルを修復したり、消したファイルを復活させる
前項でインストールした中にディスククライブというのがある。これはFAT16か、NTFS(セキュリティが強固、ディスククラッシュが起きにくい)パーティエーションのドライブを直接編集できる様にする。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2005-10-20T17:51:56+09:00
  2. Modified: 2005-10-20T07:39:13+09:00
  3. Generated: 2016-12-06T23:09:16+09:00