綾小路龍之介の素人思考

adsl=非対称なデジタルの銅線

a=アシンメトリック=非対称。d=デジタル。s=サブスクリバー。l=ライン。電話線は銅線である。銅線はデジタルではなくアナログ。ISDNは銅線を使っていてもデジタル。ISDNは普通の電話線とはちょっと違う、入ってくるときに違う。今までのアナログ回線を使ってデジタルのデータのやり取りをしてしまおうと言うのがxDSLという技術。銅線の今まで使っていて帯域、音、声を電話線で通す周波数よりもより高いところの周波数でデータのやり取りをしてしまうその事によってデータを圧縮、大量のデータのやり取りができるようになる。それがxDSLそして今実用可能と言われているのが、ADSLと言うもの、アメリカなどではもうサービスが始まっている。メガ単位で早くなっている。今は何k単位ISDNなんかは64,64,128=128キロバイト。下りが速いのがADSL。今のアナログでも下りが速い。56も非対称。ADSLは下りは2メガ~5メガ位。上りに重きを置く人は対象のDSL技術=SDSLを使うといい。S=シンメトリック=対称。d=デジタル。s=サブスクリバー。l=ライン。上り<下りとなる。SL=スチームロコモーション。cui=キャラクターユーザーインターフェイス。DSL=銅線の一部を使うのではなく、100%銅線の威力を発揮してしまおう。と言う技術。。ADSL=アシンメトリック(非対称)デジタルサブスクリバーライン。上り、ISDNに比べて10~40倍ぐらい速い。

例)東京メタリック、Aサービス、月々5500円固定制、接続し放題、電話代はかからない。上り、640K。下り、250K。

DSL=銅線の一部しか使っていないところを100%使おう。という技術。ADSL=アシンメトリック(非対称)デジタルサブスクリバーライン。ISDNは上り=下り64kbit、のぼり=ISDNに比べて10~20倍>下り。例:東京めたりっくのAサービス、月に5500円で接続時間は無制限、上り=640kbit、下り=250kbit電話代は一切かからない。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2005-12-25T04:00:49+09:00
  2. Modified: 2005-12-25T08:04:56+09:00
  3. Generated: 2017-06-05T23:09:31+09:00