綾小路龍之介の素人思考

一連の動作をまとめて行う

一連の動作をまとめて行うには、Terapad のメニューを、ツール -> ツールの設定 -> 追加、と辿り現れたツールの編集ダイアログボックスを以下の様に設定する。

設定項目
項目備考
名前&Integrated
実行ファイルD:\backup\LaTeX\call_LaTeX2.bat環境ごとに書き換え
コマンドラインパラメータ%d %bフォルダのパス(長) ファイル名(長/拡張子なし)
作業フォルダ%Dフォルダのパス(短)
ファイルの上書き保存上書き保存しない
キーCtrl + Iキーを押して設定
非選択時は使用不可OFF
起動時に実行OFF
終了まで待機するOFF
メインメニューに表示ON
ポップアップメニューに表示ON
設定ダイアログ

設定後 OK ボタンを押し、ツールの編集ダイアログボックスを閉じ、ツールの設定ダイアログボックスの OK ボタンを押す。ツールメニューに追加された Integrated コマンドを選択することで、以下のバッチファイルが実行される。

cls
@echo off
set DIR=%1
set FILE=%2
echo Now processing %FILE% in %DIR%
rem cd
d:\
cd %DIR%
rem cd
C:\temp_prog\gnuplot\bin\wgnuplot_pipes.exe %FILE%.plt
C:\temp_prog\LaTeX\texinst754\bin\platex.exe %FILE%.tex
C:\temp_prog\LaTeX\tex317w\dviout.exe %FILE%.dvi
rem C:\temp_prog\LaTeX\texinst754\bin\dvipdfmx %FILE%.dvi
rem C:\temp_prog\LaTeX\texinst754\bin\dvipsk -Pdl %FILE%.dvi
exit

gnuplot、LaTeX、Dviout の順で呼び出していき、最後に編集中の *.tex または *.plt ファイルをコンパイルして作製された *.dvi ファイルを表示する。デフォルト設定で Dviout は、2 個までの多重起動を許可している。つねに同じ Dviout のウィンドウに結果を表示したい場合は、Dviout のメニューを、Option -> Setup Parameters -> System -> number of dviouts/max -> multi:、と辿り、ここを 1 に変えて (デフォルトでは 2)、Save ボタンを押し (押さないと設定は破棄される)、適用ボタンを押し、OK ボタンを押し、メニューを閉じる。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2006-04-24T20:19:20+09:00
  2. Modified: 2006-04-24T10:37:26+09:00
  3. Generated: 2017-05-17T23:09:16+09:00