綾小路龍之介の素人思考

Computer Associated Life

思考ツールとしてのコンピュータ。思考を具現化させるためにコンピュータを使用する。初学者にとって最も重要なことは具体化だと思う。バカサイドの住人こそプログラムを書くべきだ。コンピュータは馬鹿正直で、命令に実直だ。このことを逆手にとって、コンピュータに作業を肩代わりしてもらおうと思う。プログラムは書いた人間のスキル以上のことはしない。プログラムの良し悪しはプログラマのスキルそのものというわけだ。コンピュータを使って仕事をすることで、自分の知識でどこまで現実の問題に肉薄できるかが具体的にわかる。このことは重要だ。多くの知識を持っていても、その知識が適応できるために必要な「仮定」と「問題点」を意識して使用しなければ、その知識は役に立たない。まるで「2次方程式の解の公式」という知識をもっているがその仮定「2次方程式」を意識しないがために3次方程式に「2次方程式の解の公式」を適用するようなものだ。また、「時間がかかる」という問題点を意識しないがために簡単に出来る「因数分解」を試してみないようなものだ。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2006-08-03T02:59:04+09:00
  2. Modified: 2006-08-03T11:54:26+09:00
  3. Generated: 2017-08-29T23:09:20+09:00