綾小路龍之介の素人思考

消え行く情報

著作権がある。で、情報を提供する人たちは著作する権利を守るために著作権をふりかざすわけで。その結果コピーは存在してはいけないことになる。すると、情報は目に付かなくなる。残念なことにそれが原因で情報自体の価値が下がらなければいいのだが。いや、正しくいえば、価値は下がらない。多くの人の目に触れることで情報の価値が上がらないだけだ。著作権があれば、守られる。それは正しいのだが、進歩のスピードが遅くなる。結局僕が言いたいのは、多くの人の目に触れるようにしなさいということだ。それは僕自身に向けての言葉、こもっていても始まらないさ。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2006-08-14T18:10:35+09:00
  2. Modified: 2006-08-14T11:58:06+09:00
  3. Generated: 2017-09-04T23:10:24+09:00