綾小路龍之介の素人思考

ファイルサーバ (兼マルチサーバ) 用ケースを安く購入するために

HDD 追加に伴う拡張スロット消費

HDD を追加してもシステムがそれを認識できなければ意味がない。通常の汎用マザーボードにおいては、HDD の拡張はマザーボード上の IDE ポートを消費することで 4 台まで追加可能だ。サーバ用等の特殊なマザーボードにおいては、マザーボード上に 2 つ以上の IDE デバイスのポートがあるが、これはトータルコストを考えると得策でないと思う。以降は通常のよくある安い ATX マザーボードを考える。マザーボードには 2 個の IDE ポートがあり、それぞれにマスターとスレーブの 2 個 IDE デバイスが追加できる。4 台以上 IDE デバイスを追加するにはマザーボードの拡張スロットを消費して IDE カードを追加する。多くの IDE カードは 1 枚で 4 個の IDE デバイスが追加できる。ATX マザーボードには拡張スロットが 7 個 (14 ポート) あり、マザーボードに載っている 2 ポートとあわせて最大で 16 ポート、合計 32 個の IDE デバイスが追加可能だ。

現実問題として 7 本の拡張カードスロットをすべて IDE カードで占められるとは考えにくい。なぜなら、今から構築しようとしているサーバはマルチサーバだからだ。性能は求めないがベーシックなビデオデバイスとサウンドデバイスとネットワークデバイスは欲しい。上に挙げた 3 つのデバイスはそれぞれ 1 本づづ拡張スロットを消費するだろう。しかし、チップセットでこれらをサポートしてくれれば拡張スロットの消費は防げる。チップセットはマザーボードに載っている各種デバイスを制御する足回りになるもので、負荷をかけるのは各デバイスの性能を落とす原因になるかもしれない。さらに、マザーボード直付けで取り替えができないデバイスであるために、性能アップが期待できない。ということで、チップセットがどのようなものになるかわからない以上、3 枚分の拡張スロットは消費されるものと考えれるべきだ。さらに、サーバはホームネットとインターネットのノードになるため両方のネットワークに向けて出入口を確保する必要がある。さらに、ネットワークの利用可能帯域を稼ぐためにもホームネットの各ノードはサーバと 1 対 1 でつながっていて欲しい。サーバと 3 台のマシンでホームネットが構成されるならば、さらに拡張カードスロットはマシン 3 台分の 3 本消費されて合計で 5 本消費される。

したがって IDE 拡張に割けるスロットは 1 本つまり 4 台の IDE デバイスの追加がミニマムということになる。先に述べたように最近のマザーボードには統合チップセットが搭載されている場合もあり、一般的なマザーボードに搭載されるチップセットを鑑みると、アナログディスプレイ出力と単純なサウンドデバイス (アナログ入出力とマイク入力) と LAN の 1 ポートはサポートされている場合が多い。したがって、最大で 3 本の拡張スロットの消費を抑えることができるだろう。この場合、IDE 拡張に割けるスロットは 4 本つまり 16 台の IDE デバイスの追加となり、これがマキシマムということになる。

HDD 追加に伴うベイ消費

ファイルサーバということで HDD は多いほうがいい。でも HDD の寿命を考えれば熱対策は必要。ということで以後の拡張を考えて 5 インチベイ 1 つにに 3.5 インチマウンタ 1 つをつけてここに HDD を装着することにする。ということで 5 インチベイの数は多ければ多いほうがいい。次に HDD の電源供給について考える。HDD の消費電力はスペックシートを見ればわかるが、おおよそ 1 台あたり 15W。マージンを考慮して 1 台 20W で計算。IDE 接続なら大体 4 台一組だから 1 枚の IDE カード追加で HDD4 台追加。4 の倍数の 5 インチベイが効率的。また、以後の拡張を考えると、5 インチベイを 3 個消費して 4 台の HDD を装着できる HDD ケージ、5 インチベイを 2 個消費して HDD を 3 個装着できる HDD ケージ、を考慮せねばなるまい。HDD ケージの付加価値は RAID などの付加価値もあるがとりあえず付加価値については目をつぶろう。とにかくこれら (4in3 や 3in2) を使えば、HDD 間の隙間が狭くなるため冷却性能は損なわれるものより効率的に HDD が増設可能だ。しかし、ファンなどによる強制冷却は必須だろう。これらをまとめると下のようになる。

冷却効率
追加方法5インチベイの最小消費数装着可能 HDD 最小増加数増加効率 (増加 / 消費)冷却効率
1:1 HDD マウンタ-1+1+1.003 ベイ当り 12 cm ファン 1Thermaltake iCage
3:4 HDD ケージ-3+4+1.333 ベイ当り 12 cm ファン 1STB-3T4-E3-GP,EX-34BII,SST-CFP51
2:3 HDD ケージ-2+3+1.502 ベイ当り 8 cm ファン 1HDC-501BK,SF-7500

リファレンス

  1. 4-in-3 Device Module - Cooler Master
  2. CTS Total Industrial PC Provider:製品情報:ヒートターミネータ SF-7500NB SF-7500NW
  3. HDC-501シリーズ | Ainex
  4. 4in3 hdd - Google 検索
  5. SilverStone Technology Co., Ltd.- CFP51

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2006-12-24T10:53:21+09:00
  2. Modified: 2006-12-24T13:29:45+09:00
  3. Generated: 2017-06-16T23:09:17+09:00