綾小路龍之介の素人思考

佐世保事件加害者女児精神分析

今の学校現場では均一で普通であることが求められている。女児は「平均的でない自分」に気付いていて、それをポジティブにとらえようとしていた。

HPに「暇」と言う文字が出てきるようになる。暇になることで「混乱」に陥る子供もいる。

対人関係の構築に支障があり、精神の安定を崩しかけていたのではないか。そのやりきれなさや高ぶる感情を女児は暴力的な映画やホラー小説を読むことで静めていたのだろう。こうした作品に触れることで暴力を疑似体験し、自分を癒すと言う側面が子供にはある。幼少期から情報多過の中で育ってきた子供たち。対人関係の構築が苦手で、自分の世界に閉じこもりがちになるという点はこの女児に限らない問題だ。女児の場合、内のこもった感情が極めて攻撃的、衝動的な形で外に出たのではないか。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2007-01-16T00:51:50+09:00
  2. Modified: 2007-01-16T13:48:21+09:00
  3. Generated: 2017-09-15T23:09:18+09:00