綾小路龍之介の素人思考

[文字操作] パスワードジェネレータ

> perl -e "for(1..32){print chr(int(rand(127-33))+33)}"
th#&KSlwl-e"o@TD/\;n&N3?~uRhyZbQ
> perl -e "for(1..32){print chr(int(rand(127-33))+33)}"
>%wh2WQ_maL6.bi)wBzt$_4wW10t}DBp

わかりにくい。わかりにくすぎて覚えられない。でも破るのは難しそうだ。範囲演算子を使えば何とかなるんじゃないかということで、下のように変えてみたんだな。先に言っとくけどID取得なんかにも使えるんだな。というわけで、実際にやってみた例。たとえばYahoo.comのYahoo! IDは"ID may consist of a-z, 0-9, underscores, and a single dot (.)"出なければいけないそうな。そこで第1段階でこんな感じにしてみたんだな。

> perl -e "unshIFT @F,(a..z),(0..9),'_','.'; print @F;"
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789_.

つまりIDに使える文字(アルファベットの小文字と0から9までの数字とアンダーバーとピリオド)を配列@Fに代入したんだな。次に配列の添え字をランダムに選ぶことによって@Fから1文字選ぶことを適当な回数繰り返せばよいということなんだな。最終的には下のような感じになるんだな。配列の最後の添え字に1足す理由は次のような感じ。rand関数は、ゼロから引数未満の数を返すので、1足さないと配列の最後の内容(ここではピリオド)は出力されないから。

> perl -e "unshift @F,(a..z),(0..9),'_','.'; for(1..70){print $F[int(rand($#F+1))]}"
rnl5_.kenfntt5lujl7l2p_.r0ph5575u0nvclw7f4tsxcf1fysv0grxqmf_.hho4ekzzvn3a
> perl -e "@F=(a..z,0..9,qw(, . _)); print map{$F[rand $#F+1]}(0..16);"
5gdlsyjkvyoda9wos

まぁこういうものは必要になると急激に使用頻度が増えるもので、ふとした瞬間に使いたくなるってこともある。んで、また書いてしまった。

perl -e 'while($i<30){$j=0;while($j<8){$_=chr int rand(127); if(m/[a-z]/){print; $j++;}}print "\n";$i++;}'

これで30個の適当な9文字の文字列を生成してくれる。前よりもコードが長くなっていたり非効率になっている。今回はこれでご勘弁を。

  1. ランダムな文字列を生成するString::Random - Unknown::Programming

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2007-09-19T16:13:30+09:00
  2. Modified: 2007-09-19T04:13:19+09:00
  3. Generated: 2016-11-27T23:09:16+09:00