綾小路龍之介の素人思考

[debian] mdadm で RAID0

RAID0のパフォーマンス計測用。(パフォーマンスと冗長性を確保したい場合にはraid10を使う。raid10はパーティション2つから。)

mdadm のインストール

# apt-get install mdadm

スワップ領域 /dev/sda3 から領域を確保する。無効化、サイズ変更、開けた領域に新しいパーティション 2GiB (= 2 * 1024 * 2048s = 4194304s) を作成。パーティション /dev/sdb1 から領域を確保する。アンマウント、サイズ変更、開けた領域に同じサイズのパーティションを作成。テーブルを再読込する目的で再起動。

# swapoff /dev/sda3
# parted /dev/sda
(parted) unit s
(parted) print
(parted) resizepart 3 30001152s
(parted) mkpart empty ext4 972578816s 976773119s
(parted) print
(parted) quit

# umount /dev/sdb1
# (自動マウントの否定)
# parted /dev/sdb
(parted) unit s
(parted) print
(parted) resizepart 1 80%
(parted) mkpart empty ext4 3902834688s 3907028991s
(parted) print
(parted) quit

# shutdown -r

スワップ領域を作成、ファイルシステムのリサイズ。再起動。

# swapoff /dev/sda3
# mkswap -c /dev/sda3
# resize2fs /dev/sdb1
# shutdown -r

スワップ領域が有効になっていることを確認。

# swapon --summary

RAIDに使うパーティションの不良ブロック検査。RAIDアレイの作成。ファイルシステム作成。

# badblocks -v -b 4194304 -X -s -w -o badblocks_sda4.txt /dev/sda4
# badblocks -v -b 4194304 -X -s -w -o badblocks_sdb2.txt /dev/sdb2
# mdadm --create /dev/md0 --level=0 --raid-devices=2 /dev/sda4 /dev/sdb2
# mdadm --detail /dev/md0
# time mkfs -t ext4 -m 0 -c -c /dev/md0

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2007-11-02T13:10:37+09:00
  2. Modified: 2007-11-02T13:10:37+09:00
  3. Generated: 2018-05-23T23:09:39+09:00