綾小路龍之介の素人思考

俺らは付き合ってたの? - 恋人の責任

恋人の責任とは何か。誰かから好きになられるということ、そのことに対して僕はもっと敏感になるべきだった。釣り逃がした魚は大きく、釣りさえしなかった自分にはもっと腹が立つ。ほったらかしにされる側の気持ちは辛い、それが本当に自分のことを好きになってくれたひとならなおさらだ。「自信が持てない」のひとことで自分がどれだけ逃げていたのか。自分の行動で自分が傷つくことから逃げることで、誰かを傷つけていたことに気づいた時、僕はもう一周り大人になれた気がした。恋人の責任、それは互いに想い合うこと、相手の気持ちを考えること、これらの結果行った自分の行動に責任を持つこと。僕には足りなかったな。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2008-04-16T21:17:29+09:00
  2. Modified: 2008-04-16T05:53:11+09:00
  3. Generated: 2017-03-21T23:09:18+09:00