綾小路龍之介の素人思考

Web 2.0

Web2.0は集合知というキーワードで説明され、Web2.0を推し進めている企業の株価がどんどん上がっている。集合知はその言葉じりから連想されるような「3人寄れば文殊の知恵」で素直に説明されるのだろうか。僕はそう単純に説明できるものではないと感じている。雑多な情報を整理して提供することで集合知を実現させ、ここで得られた知恵をさらに発展できる誰かからの情報提供で、集合知はより洗練されていく。

僕らが注意しなければいけないことは、集合知が洗練されていく過程には「誰かからの情報提供」が必要であるという点だ。当然ながらWeb2.0を推し進める企業はその点についてよく理解し、これまでWebを見るだけ聞くだけにとどまっていたユーザーがWebに情報を提供しやすい土壌を意図的に作り出している。このことは近年広がりを見せてきた口コミサイトでよく見られ、書き込みなどの方法によってユーザーが能動的に情報を発信せずとも、サイト内でのユーザの行動から情報を吸い上げるシステムが設置されている。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2008-05-08T02:50:26+09:00
  2. Modified: 2008-05-08T05:59:19+09:00
  3. Generated: 2017-09-08T23:09:23+09:00