綾小路龍之介の素人思考

[vnc] vncサーバの起動と接続

vncとか無駄と思うかもしれないけど、やっぱりCUIのscreenみたいにセッションを維持してくれることが一番嬉しい。平たく言えばX11プログラムを常駐させることが出来る。

まずは起動。設定の仕方忘れたけど、パスワードは別に設定していたと思う。これでディスプレイ番号は1でパスワードが必要なVNCサーバが起動した。

$ vncserver

New '******:1 (**)' desktop is ******:1

Starting applications specified in /*******/.vnc/xstartup
Log file is /*******/.vnc/******:1.log

プロセスを確認してみる。全く引数を指定せずに起動したけど、1024x768, 16bitで起動しているみたい。

$ ps waxf | grep vnc
 3004 pts/0    S      0:00 Xvnc4 :1 -desktop ******:1 (**) -auth /*******/.Xauthority -geometry 1024x768 -depth 16 -rfbwait 30000 -rfbauth /*******/.vnc/passwd -rfbport b
 3009 pts/0    S      0:00 vncconfig -iconic

起動したら終了。終了する方法を知っておかねば。確かに、立ち上がったプロセスが終了されている。

$ vncserver -kill :1
Killing Xvnc4 process ID 3004

vncviewerを起動してみる。以下のように引数にマシンのIPアドレスとディスプレイ番号を与える。X11アプリケーションであるvnc4viewerが起動した。もちろん、windowsやMacのVNCクライアントから接続しても問題なし。

$ xvnc4viewer ******:1

VNC Viewer Free Edition 4.1.1 for X - built Jan 30 2009 19:33:16
Copyright (C) 2002-2005 RealVNC Ltd.
See http://www.realvnc.com for information on VNC.

Sat Jun  5 00:04:13 2010
 CConn:       connected to host ****** port 5901
 CConnection: Server supports RFB protocol version 3.8
 CConnection: Using RFB protocol version 3.8
Password:
Sat Jun  5 00:04:15 2010
 TXImage:     Using default colormap and visual, TrueColor, depth 16.
 CConn:       Using pixel format depth 6 (8bpp) rgb222
 CConn:       Using ZRLE encoding

Sat Jun  5 00:04:20 2010
 CConn:       Throughput 20090 kbit/s - changing to hextile encoding
 CConn:       Throughput 20090 kbit/s - changing to full colour
 CConn:       Using pixel format depth 16 (16bpp) little-endian rgb565
 CConn:       Using hextile encoding

最初は仮想コンソールが一つとvncconfigが起動しているけど、ここはあえて別に張ったsshかrshのセッションからX11プログラムを起動させて、ディスプレイ番号1に表示させる。

$ LANG=C firefox --display=:1.0 &
[1] 3113

リファレンス

  1. wps-B - vncでubuntuマシンへ接続する - vnc4server xvnc4viewer
  2. vnc4server - Google 検索
  3. VNC/RealVNC - KLab Public Wiki
  4. vnc x11 終了 - Google 検索

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2009-05-28T00:18:49+09:00
  2. Modified: 2009-05-28T00:18:49+09:00
  3. Generated: 2017-07-28T23:09:18+09:00