綾小路龍之介の素人思考

[vim] asciidoc形式のシンタックス

基本的には任意のシンタックスファイルに対して適応可能。シンタックスファイルなどのあるaddonsディレクトリをrentimepathに追加する。

例えばasciidocをインストールすると/usr/share/vim/addonsの下にシンタックスを定義したファイルがインストールされる。この場合、以下のようにして~/.vimrcに設定を追加する。

$ echo "set runtimepath+=/usr/share/vim/addons" >> ~/.vimrc

起動中のvimに対してこの設定を有効化するには、~/.vimrcを再読み込みする。vimをコマンドモードで以下のコマンド。

:source ~/.vimrc

適当なasciidocファイルを開く。

:e asciidoc.txt

ファイルタイプを指定する。

:set filetype=asciidoc

ハイライトされて表示されるはず。

拡張子がasciidocだといいけど、adocだとシンタックスハイライトが自動的に有効化されないので、以下をvimrcファイルに追加。

au BufNewFile,BufRead *.asciidoc,*.adoc set filetype=asciidoc

リファレンス

  1. Appendix E. Vim Syntax Highlighter
  2. .vimrcの変更を再読み込みする - A Small, Good Thing - diary
  3. vimのsyntax onが機能しなくなった件について | guro_chanの日記
  4. Debian -- パッケージのファイル一覧: asciidoc/squeeze/all
  5. Set file type 'asciidoc' for files with .adoc extension · Issue #417 · vim/vim · GitHub

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2010-05-17T01:56:05+09:00
  2. Modified: 2010-05-17T01:56:05+09:00
  3. Generated: 2017-03-13T23:09:17+09:00