綾小路龍之介の素人思考

[git] push専用ブランチのテスト。

この手順だと、編集用ブランチが古いとだめ。

初回だけ push 用リポジトリ github_push を作成。

$ git branch -D github_push
$ git branch github_push $(git log -1 --pretty=format:"%H" github/translation_ja)
$ git branch --set-upstream github_push origin/master

github_push で pull 作業。この部分は日常的に繰り返す。

$ git checkout github_push
$ git pull -v
$ git diff -z --name-only master translation_ja | xargs -0 -r -n 1 git checkout translation_ja
$ git commit -a -m "translation: update"
$ git checkout translation_ja

繰り返し部分はタイミングミスると危ないかも?(危ない。)checkout後にブランチが変わったことをチェックせずに先に進むと、編集用ブランチの作業ファイルが編集用ブランチでcommitする前のファイルに書き戻されるのでかなり危険。チェック機構が必要。

ソーシャルブックマーク

  1. はてなブックマーク
  2. Google Bookmarks
  3. del.icio.us

ChangeLog

  1. Posted: 2010-09-11T19:11:22+09:00
  2. Modified: 2010-09-11T19:11:22+09:00
  3. Generated: 2017-05-15T23:09:20+09:00